読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学卒業までの生活記録

内定も決まり卒業まであと5ヶ月、そんな老後のような生活中で感じたことを書いていきます

悲しいだけのお葬式ではありませんでした。

こんばんは!水野です。

 

今日は僕の祖母のお姉さんのお葬式がありました。

その中で感じたことが2つあります。

 

1つ目は、会えばよかったという後悔です。

皆さんは今、ご健在のお世話になった親戚、おじいちゃんおばあちゃんに会えていますか?

 

僕は祖母のお姉さんに小さい時にすごくお世話になっていました。しかし大学四年間で会えたのは数回です。その事にすごく後悔しています。死という現実は突如現れるものなんだと実感しました。

 

2つ目は、弟の成長です。僕には10歳離れた小学校6年生の弟がいるのですが、僕より祖母のお姉さんにお世話になっていました。

そんな弟に祖母のお姉さんと突然の別れを受け入れることができるのか?僕はすごく不安でした。

式中は、やっぱり泣きっぱなしで納骨の時も見ていることができないでいました。

しかし、式が終わると現実を受け止めて弱音も吐いていませんでした。

兄として正直にかっこいい弟だなと思いました。

僕も成長しないと!!!